ARTICLE

21
  • ARTICLE
  • てっぱん土産
  • Drive Nippon vol.21

てっぱん土産

島根県

出雲大社や世界遺産「石見銀山遺跡」で知られる島根県。日本海の恵みや名勝が豊富で、神々の集まる地として太古より栄えた地でもある。石見神楽などの伝統芸能と同様に、食文化にも歴史や伝統が受け継がれている。

重箱に入った色黒そば

重箱に入った色黒そば

「出雲そば」

三大そばのひとつと言われる「出雲そば」。一般的なそばと比べて色黒い麺が特徴だ。出雲そばは殻のついたそばの実をそのまま製粉するため黒っぽくなる。だが、その分香り高く、風味と独特の食感が楽しめる。食べ方は、冷たい「割子そば」と温かい「釜揚げそば」が一般的。重箱に入った「割子そば」は、つけつゆではなく直接麺の上にそばつゆをかけて食べるところも特徴的。

茶に具材を入れて食べる!?

茶に具材を入れて食べる!?

「ぼてぼて茶」

茶どころとして知られる城下町・松江市の郷土食。乾燥した茶の花を入れ、煮出した番茶を丸みのある筒茶碗に注ぎ、長めの茶筅で泡立てる。泡立てた茶の中に、おこわ、煮豆、や漬物などの具を少しずつ入れたら完成だ。箸を使わず、茶碗の底をトントンたたいて具を寄せ、茶とともに流し込むのが正しい食べ方。泡立てるときの音から「ぼてぼて茶」の名がついたのだとか。

島根のシジミは大きく肉厚!

島根のシジミは大きく肉厚!

「シジミ」

島根県東部にある宍道湖は、日本有数のシジミ水揚げ量を誇る。宍道湖で獲れるシジミは粒が大きく肉厚。大きいものでは4cm以上にもなるという。宍道湖で獲れる魚介類を集めた宍道湖七珍料理の一品“シジミ汁”は、肝機能回復の妙薬としても有名。一年を通して多くの人が味わう、夏バテや飲み過ぎに最適な「天然のサプリメント」だ。
  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

てっぱん土産

Recommend
他のオススメ記事