ARTICLE

20
  • ARTICLE
  • てっぱん土産
  • Drive Nippon vol.20

てっぱん土産

徳島県

四国東部に位置する徳島県は、鳴門の渦潮や祖谷の渓谷美など、自然そのままの美しい景観に恵まれた地。シンプルに素材の味を楽しみたい名品土産を紹介します。

220年もの歴史がある<br>上品な甘みの国産砂糖

220年もの歴史がある
上品な甘みの国産砂糖

「阿波和三盆糖」

和三盆糖は竹糖という品種のサトウキビが原料。四国東部で伝統的手法で作られている。上坂町周辺の南向きの山麓はサトウキビの栽培に適し、かつては一面がサトウキビ畑だった。上品な甘みと豊かな風味を持ち、高級和菓子の甘味に欠かせない存在。

ぶっそうなお名前の<br>郷土料理は身近なアレ!

ぶっそうなお名前の
郷土料理は身近なアレ!

「はんごろし」

もち米にうるち米を混ぜたものを半分だけ潰して作った、徳島県那賀町の郷土料理「おはぎ」のこと。小豆を裏ごししつつ小豆を残した粒あん。「はんごろし」とはぶっそうな名だが、米を半分潰すためについた名。これに対し、すべて裏ごししたものを「ぜんごろし」という。

食物繊維とビタミン豊富<br>さつま芋のトップブランド!

食物繊維とビタミン豊富
さつま芋のトップブランド!

「さつま金時」

徳島県の温暖で降雨量が少ない気候と、海のミネラルをたっぷりと含んだ砂地で育てられているのがおいしさの秘密。栗のようにホクホクとした食感で糖度が高めなので、どんな調理法でもおいしく食べられる。鳴門市里浦町で栽培されたものは「里むすめ」、松茂町では「松茂美人」など独自のブランド名を冠している。
  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

てっぱん土産

Recommend
他のオススメ記事