ARTICLE

てっぱん土産

新潟県

日本列島のほぼ中心部に位置し日本海に面した新潟県。寒暖差のある気候や豊かな水、肥えた土に恵まれており、米どころ、酒どころとして有名。ほかにも日本海で獲れる鮮魚や野菜、果物など、美味しいものがあふれている。

個性的で高品質な淡麗辛口の逸品が豊富

個性的で高品質な淡麗辛口の逸品が豊富

「日本酒」

「淡麗辛口」を得意とする新潟の日本酒。質の高い米、滑らかな水、造り手たちの技術。そんな3拍子がそろった一級品だ。新潟の冬の気候も酒造りに好都合。仕込まれた酒がきめ細かく育つ。また、新潟県は日本三大杜氏である越後杜氏の発祥地であり、県内の蔵元のほぼ全てで越後杜氏が酒造りを行っているといわれる。歴史ある酒蔵も多く、有名銘柄がそろう。味わいも喉ごしも銘柄によって千差万別。淡麗でスッキリとした味わいの日本酒をぜひ。

彩り鮮やかな山の寿司

彩り鮮やかな山の寿司

「笹寿司」

新潟には、笹を使った名物がいくつかある。笹の殺菌作用を利用して保存効果を上げ、また、笹のさわやかな香りで食欲をそそる。笹寿司は、笹の葉の上に寿司飯を盛り、具材や薬味を乗せた郷土料理。戦国時代に上杉謙信の軍勢が武田信玄との戦の際に山奥で器代わりに笹にご飯を盛ったことに由来するといわれている。地域によって、作り方や具は異なるが、多くの場合、ワラビ・タケノコ・ゼンマイなどの山菜のほか、クルミ・ニンジン・ヒジキ・油揚げなどが使われる。

食卓に欠かせない佐渡の郷土伝承食

食卓に欠かせない佐渡の郷土伝承食

「いごねり」

“いごねり”は佐渡に伝わる故郷の味。日本海沿岸に多く生息する海藻の“えご草”をところてんのように煮詰めて固めた佐渡の特産品だ。「巻いねごり」は麺状に切り、ネギやワサビ、ショウガなどの薬味をつけ、甘口醤油をかけて食べたるのが一般的な食べ方。さっぱりとした磯の風味が楽しめる。「角いねごり」は酢味噌でたべたり、サラダにいれたりともちもちとした食感が特徴。
  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

てっぱん土産

Recommend
他のオススメ記事