ARTICLE

てっぱん土産

奈良県編

法隆寺や東大寺といった歴史的な建造物が残り、静かで厳かな空気が流れる奈良県。修学旅行で訪れる場所としても馴染みがある人気の観光地だ。鹿に関連するお土産も人気だが、今回は奈良の名物を厳選して紹介しよう。

山と海の旨味を凝縮した絶品寿司

山と海の旨味を凝縮した絶品寿司

柿の葉寿司

奈良県の郷土料理として知られる柿の葉寿司。一口大の酢飯に、鯖や鮭などをのせ柿の葉で包んで重石をきかせた寿司。柿の葉には、抗菌・抗酸化効果があり、寿司の保存にも最適という。柿の葉のほのかな香りと魚の旨味がしみ込んだ寿司は絶品。1つずつ葉を開いて、山と海の恵みを感じながらゆっくりと味わいたい。駅のお土産屋でも人気の逸品だ。

優しい口溶けと素朴な甘みがクセになる

優しい口溶けと素朴な甘みがクセになる

わらび餅

かつてわらび粉の名産地であった奈良県には、現在もわらび餅の名店が揃う。涼しげな見た目からは想像できない弾力があるものの、柔らかく、とろとろとした食感がくせになる。きな粉をたっぷりかけて食べるのが主流で、わらび餅の素朴な甘さがより一層引立つ。上質なわらび粉と綺麗な水が揃う奈良で、ぜひ手に入れたいお土産だ。

白いごはんに奈良伝統の漬け物を

白いごはんに奈良伝統の漬け物を

奈良漬け

ウリやキュウリ、ショウガなどの野菜を塩漬けにし、何度も酒粕に漬けてできた奈良伝統の漬け物。店によって漬け込む期間は変わってくるが、何度も漬けかえることにより塩分と水分が程よく抜けて、あの綺麗な飴色の奈良漬けができる。酒粕の独特な風味のある奈良漬けは、白いごはんと一緒に、また、お茶漬けとして食べるのもお勧めだ。
  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

てっぱん土産

Recommend
他のオススメ記事