ARTICLE

10
  • ARTICLE
  • てっぱん土産
  • Drive Nippon vol.10

てっぱん土産

三重県編

穏やかな気候に恵まれ、海の幸・山の幸が豊富な「三重県」。今回は地元グルメや特産品が充実した同県の中でも、特におすすめの3品を紹介する。そのほか、伊勢エビやアワビ、真珠や伊賀焼なども有名だ。

創業約300年!時代を超えて愛される伊勢の定番みやげ

創業約300年!時代を超えて愛される伊勢の定番みやげ

「赤福餅」

お餅の上にこし餡(あん)をのせた餅菓子「赤福餅」は、伊勢神宮の門前町・おはらい町に本店を構える、1707年創業の老舗和菓子店「赤福」の看板商品。名は神宮参拝者の心のあり様を表わした言葉「赤心慶福(せきしんけいふく)」に由来している。伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎを形どり、餡につけた三筋の形は清流、白い餅は川底の小石を表している。お土産用の折箱は8個入り(720円)、12個入り(1030円)。抹茶蜜がかかったふわふわのかき氷の中に、餅と餡が入った「赤福氷」(520円)は夏期限定の人気メニューだ。

■問い合わせ先
TEL: 0596-22-7000

きめ細やかな霜降りが食欲をそそる、日本最高峰の和牛ブランド

きめ細やかな霜降りが食欲をそそる、日本最高峰の和牛ブランド

「松阪牛(まつさかうし)」

日本三大和牛のひとつとして知られる「松阪牛」は、霜降りがきめ細かく綺麗に入っていることはもちろん、肉質が柔らかく霜降りの脂肪分に甘味のある風味が特徴。厳選された飼料による行き届いた管理があってこそ生まれる肉の芸術品だ。松阪牛は「松阪牛個体識別管理システム」へ登録され、子牛の導入から、と畜までの情報を厳格に管理。選び抜かれたメスの子牛は「匠の技」と呼ばれる高度な肥育技術により、丹精こめて育てられ、きめ細やかな霜降り肉となる。松阪市内には、すき焼きからホルモンまで数多くの専門店が味を競う。

■問い合わせ先
TEL:0598-23-7771(松阪市観光情報センター)

暮らしを明るく豊かに彩る、ローソク&キャンドルが充実!

暮らしを明るく豊かに彩る、ローソク&キャンドルが充実!

カメヤマの「ローソク/キャンドル」

「カメヤマ」は、三重県の亀山市に本拠地を置き、ろうそくの国内シェアは約5割を占めるメーカー。専門店「カメヤマキャンドルハウス」を全国に6店舗展開し、ろうそくやアロマキャンドルをはじめ、燭台、ジェルジェムなど暮らしを豊かにする多彩なインテリア雑貨扱う。自社のオリジナル商品のほか、フランス「ポアン・ア・ラ・リーニュ」やアメリカ「ヤンキーキャンドル」など世界の著名なキャンドルなど数千ものローソク・キャンドルなど多数販売。大人気のスイーツモチーフのドルチェキャンドルは、秋冬の新作をラインナップしている。

■問い合わせ先
TEL: 03-3478-7715

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

てっぱん土産

Recommend
他のオススメ記事