ARTICLE

21
  • ARTICLE
  • あの街の市場・横丁・商店街
  • Drive Nippon vol.21

あの街の市場・横丁・商店街

宮城県「塩釜水産物仲卸市場」

新鮮な魚介類と豊富な食材が勢ぞろい。店舗数と種類の多さで東洋最大級といわれる「塩釜水産物仲卸市場」には、生マグロをはじめ、三陸で獲れた美味しい“旬”が集まっている。

生マグロの水揚げ量日本有数!

JR東塩釜駅から徒歩15分。約5000㎡の大きな屋体に、4組合115店舗が集まる「塩釜水産物仲卸市場」。店舗数や取扱商品の種類の多さは東洋最大級と言われている。平日と土曜日は早朝3時から開市し、お昼頃まで賑わいを見せる。市場を楽しむのであれば、正午までの来場がおすすめ。昼過ぎには品薄になり、閉めてしまう多い。
「塩釜水産物仲卸市場」は全国でも有数の生マグロの水揚げ量を誇る港としても知られ、場内はマグロ専門店だけで28もの店舗がある。一般客でも新鮮なマグロの購入が可能。運が良ければマグロの解体を見ることもできる。そして、ぜひ味わいたいのが「三陸塩竈ひがしもの」に認定されたブランドマグロだ。寒流と暖流がぶつかり合う三陸東沖で、9月~12月の間に獲れた生のメバチマグロのうち、塩釜の目利きの目にかなった「鮮度・色つや・脂のり・うまみ」に優れたものを「三陸塩竈ひがしもの」というブランドで売り出しているのだ。
のイメージ写真
のイメージ写真

新鮮な魚介を
その場で味わえる!

場内には5つの食事処が設けられており、新鮮な食材を使用した海鮮丼や天丼が味わえる。また、場内で購入した海産物は「マイ海鮮丼コーナー」でごはんセット(300円)を購入すればオリジナル海鮮丼にしていただくことも可能。好きな具材を好きなだけ楽しめるのは贅沢だ。焼きが好みならば、「自由焼炉」(利用料100円~)も気になるところ。場内で購入した牡蠣やホタテ、海老、魚などを直火で香ばしく焼きあげていただこう。

場所:宮城県塩竈市新浜町1-20-74
問い合わせ:022-362-5518
定休日:水曜 ※臨時営業、臨時休業(お盆、年末年始)あり
開市時間:平日3:00~13:00、土曜3:00 ~14:00、日曜・祝日6:00~14:00

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

あの街の市場・横丁・商店街

Recommend
他のオススメ記事