ARTICLE

あの街の市場・横丁・商店街

兵庫県「魚の棚商店街」

「うおんたな」と呼ばれ地元の人々から親しまれている明石市の「魚の棚商店街」。約110店舗が建ち並び、明石鯛や明石だこなどの明石ブランドをはじめ、様々な乾き物や加工品を販売している。

400年以上の歴史あり!地元の人々から親しまれる商店街

 魚の棚商店街は約400年前に誕生したと伝えられており、魚商人が軒先に並べた大きな板に魚を敷き詰め、鮮度を保つために水を流していた様子から「魚の棚」という名前が付いたとされている。地元では昔から「うおんたな」という呼び方で親しまれている。全長約350mのアーケードには、日本でも有数の漁場として知られる明石ならではの海の幸や練り物、乾き物、そして明石焼まで明石ブランドを取り揃えたお店が軒を連ね、地元の買い物客や観光客でにぎわっている。
写真上:跳ね上がる鯛の看板が目印のメインゲート 写真下:明石海峡で獲れた魚が並ぶ昔ながらの光景のイメージ写真

写真上:跳ね上がる鯛の看板が目印のメインゲート 写真下:明石海峡で獲れた魚が並ぶ昔ながらの光景

買い物に疲れたら食事処も満喫しよう!

 2005年にアーケードがリニューアルし、ますます活気溢れる魚の棚商店街。5つのゲートには、それぞれ個性豊かな看板や鳥居が設置されており、訪れた人々を楽しませてくれる。
 同商店街では食事処が多いのも魅力の1つだ。中でも、明石名物「明石焼」を提供している店が多く、どの店で食べるのが良いか目移りしてしまうほど。買い物に疲れたときにぴったりの逸品だ。また、地元で獲れた新鮮な海の幸を味わえる寿司屋や居酒屋、家庭的な雰囲気溢れる定食屋、喫茶店などバラエティに富んだ飲食店が揃う。買い物に、食事に、充実した時間が過ごせる商店街だ。

場所:兵庫県明石市本町
問い合わせ先:078-911-9666(魚の棚商店街事務所)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

あの街の市場・横丁・商店街

Recommend
他のオススメ記事