ARTICLE

あの街の市場・横丁・商店街

石川県「近江町市場」

新鮮な海の幸や豊かな大地で育った野菜など、自然の恵みがいっぱいの上質な食材がそろう石川県。旬の味覚が一同に集まる「近江町市場」は、年間を通じて多くの人でにぎわう“市民の台所”だ。
品物が充実しているのは、お店が開店してすぐの9時ごろ。夕方4~5時は、生鮮食品が安く手に入るかも(5時ごろには生鮮食品のお店が閉まるので要注意!)

品物が充実しているのは、お店が開店してすぐの9時ごろ。夕方4~5時は、生鮮食品が安く手に入るかも(5時ごろには生鮮食品のお店が閉まるので要注意!)

          180以上の専門店がそろう、“市民の台所”へ

 1721年以来、約290年にわたり金沢の食文化を支える「近江町市場」。地元の人々からは、「おみちょ」の愛称で親しまれ、市場内では鮮魚や青果、衣類、雑貨、飲食店など多彩な約183の専門店がズラリと立ち並ぶ。魚や野菜といった生鮮食品のほとんどは、卸売市場のセリに直接参加して仕入れているため、鮮度が抜群! カマボコ、惣菜、豆腐、漬物など、各店の手づくり品も見逃せないおいしさだ。
写真上:金沢はもちろん県内外から1日1.5万人前後が訪れ、いつも大にぎわい! 写真下:高級品からお手ごろなものまで、バラエティ豊かな商品展開。思わず財布の紐が緩みそう!?のイメージ写真

写真上:金沢はもちろん県内外から1日1.5万人前後が訪れ、いつも大にぎわい! 写真下:高級品からお手ごろなものまで、バラエティ豊かな商品展開。思わず財布の紐が緩みそう!?

金沢の名だたる観光名所から徒歩15分圏内とアクセス便利!

 対面販売ならではのお楽しみのひとつが、お店の人との交流。加賀の伝統野菜や旬の魚のおいしい食べ方や調理方法を気軽に聞いてみよう。10月15日~20日までは、毎年恒例「近江町いちば 大行燈まつり」を開催。「生本マグロ解体 超大安売り」や国産和牛を特別価格で限定販売(先着順)、お楽しみ抽選会など、日替わりイベントが盛りだくさん! 「金沢21世紀美術館」「兼六園」「東山」といった金沢の名所からも徒歩圏内なので、観光ルートにぜひ加えてみては。

場所:石川県金沢市上近江町50番地
営業時間:9:00〜17:30
問い合わせ先:076-231-1462

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

あの街の市場・横丁・商店街

Recommend
他のオススメ記事