22
  • FEATURE
  • 厳選10
  • Drive Nippon vol.22

厳選10

熊本県

鍋ヶ滝

鍋ヶ滝

迫力満点の水のカーテン

阿蘇のカルデラを作った約9万年前の巨大噴火でできたとされる滝。滝の落差は約10m。幅は約20mありカーテンのように広く水が流れ落ちる形状が特徴。滝の裏側に周り、水のカーテンのすき間から緑の木々の様子を眺めよう。お茶のテレビCMのロケ地にも使われた、人気の観光スポット。滝上部の固い岩盤や滝裏のやわらかい地層は、今も浸食を繰り返している。

住所:阿蘇郡小国町黒渕
TEL:0967-46-2113(小国町情報課)

天空の道

天空の道

阿蘇山が生んだ絶景、雲海に浮かぶ道を走る

蘇谷から北外輪山に至る坂道にある絶景ポイント。気象条件がそろえば、雲海の中に一本の道が浮かぶように見え、まるで映画の風景がスクリーンから飛び出してきたよう。「ラピュタの道」としても知られる。正式名称は「阿蘇市道狩尾幹線」。熊本県阿蘇市の県道149号から、阿蘇外輪山の上を走る県道339号(通称はミルクロードと呼ばれる)に至る約 6kmほどの道路。

住所:阿蘇市狩尾
TEL:096-333-233(阿蘇市観光課)

杖立温泉

杖立温泉

1800年という長い歴史の温泉

熊本と大分の県境に位置する杖立温泉街は、昭和の初期から中期頃「九州の奥座敷」と呼ばれ、歓楽街温泉として栄えた。杖をついて訪れた人が、湯治を終える頃には杖を忘れるほどに元気にという言い伝えから杖立の名がついた。湯治場として1800年もの歴史を誇る。98度 の源泉の蒸気を利用した蒸し湯は、体の負担が少ない天然のミストサウナだ。

住所:阿蘇郡小国町下城
TEL:0967-48-0206(杖立温泉観光協会)

天草夕陽八景

天草夕陽八景

美しい夕景を見に行こう

天草・島原の乱とその殉教地として知られ、東シナ海、有明海、八代海という3つの海に囲まれた天草諸島。天草西海岸地域では、東シナ海に沈む美しい夕陽に映える様を望むことができる。多くの夕陽鑑賞スポットから、特に優れた下田の夕陽、十三仏公園の夕陽、大ヶ瀬の夕陽、マリア像の夕陽、小森海岸の夕陽、拝瀬・鳴瀬の夕陽など、8カ所を天草夕陽八景と呼ぶ。

住所:天草市天草町下田北 下田の夕陽他
TEL:0969-23-1111(商工観光課)

通潤橋(つうじゅんきょう)

通潤橋(つうじゅんきょう)

日本最大級の石像通水橋

長さ75.6m、高さ20.2m、日本最大級の石造りアーチ水路橋である通潤橋は、国指定の重要文化財。嘉永7年、水不足に悩む白糸台地の人々を救うため、矢部の惣庄屋・布田保之助によって造られた日本最大のアーチ式水道橋。“肥後の石工”たちの持つ技術を用いて建設した。橋の上部にサイフォンの原理を応用した3本の石の通水管が敷設され、周辺の田畑を潤す。

住所:上益城郡山都町長原
TEL:0967-72-1158(山都町役場 商工観光課)

﨑津教会

﨑津教会

海を望む畳敷きの教会

天草地域では1638年の禁教令実施後、1872年に廃止されるまで、信者は隠れキリシタンとなり、夜中に祈りをささげた。昭和9年、ハルブ神父により創建された﨑津(さきつ)教会は、尖塔の上に十字架を掲げた重厚なゴシック様式で、その堂内は国内でも数少ない畳敷き。「日本の渚百選」「国の重要文化的景観」に選ばれており、世界文化遺産登録が待たれている。

住所:天草市河浦町﨑津539
TEL:0969-22-2243(天草宝島観光協会)

免の石

免の石

アドベンチャーの先にうわさの宙に浮かぶ石

南阿蘇の外輪山の中腹にある新名所。大きな石が左右の岩壁に挟まれて、宙に浮いているように見えることから、"神秘の岩"として注目を集めるようになった。パワースポットとして人気があり、免の石と南阿蘇の自然を楽しむ、免の石トレッキングの開催も。往復コースは約2時間(約1.5km)、周回コースは約4時間(約3km)。落ちない石という事で受験生にも人気の場所。

住所:阿蘇郡南阿蘇村大字河陰
TEL:0967-67-2222(南阿蘇村観光協会)

肥後象がん(ひごぞうがん)

肥後象がん(ひごぞうがん)

黒字に金銀が映える重厚かつ渋さが特徴

鉄地に布目上の刻み目をつけ、金銀などの装飾をはめ込む技法で、鉄砲や刀の鐔に施したのがはじまり。細川家にまもられながら武家社会と共に発展し、派手さをおさえた上品な奥ゆかしさが魅力。近年はブローチやカフスなどの装飾品だけでなく、万年筆や腕時計など異業種とのコラボもすすんでいる。2003年に国の伝統的工芸品に指定された。

住所:熊本市中央区千葉城町3-35
TEL:096-324-4930(熊本県伝統工芸館)

からし蓮根

からし蓮根

熊本の郷土料理は優秀な健康食

熊本の郷土料理の代表作。熊本藩主細川忠利の健康食としてスタートし、代々受け継がれている健康食品で、ツンとした絶妙な辛さとシャキッとした歯ざわりが特徴。ビタミンCが豊富で、野菜には珍しくビタミンB12が多く、貧血予防にもなる。ムチンや食物繊維も豊富。賞味期限は冷蔵で夏期約7日間、冬期は約10日間。防腐剤は一切使用していない。

住所:熊本市中央区新町2-12-32
TEL:096-351-0001(森からし蓮根)

豆乳チョコシフォン

豆乳チョコシフォン

クーベルチュールを贅沢に使用

豆腐を作るために必要な水・大豆・にがり3つの素材を徹底的にこだわる、内田安喜商店。熊本市内に3店舗をかまえ、種類多彩なお豆腐やお総菜、おからを取り揃える。豆腐屋が作る珍しい豆乳のシフォンは、国産小麦粉100%と石臼挽きの豆乳を使用。甘さは控えめでふわふわの食感がたまらない。ヘルシーなおやつとして人気。この他になめらか豆乳プリンなどのデザートもある。

住所:上益城郡益城町小池837-1
TEL:096-287-3375(内田安喜商店)

※画像提供:熊本県観光課

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE
関連するおすすめ記事