3
  • FEATURE
  • 厳選10
  • Drive Nippon vol.3

厳選10

愛知県

リニア・鉄道館

リニア・鉄道館

39両の実物車両がズラリ!新幹線・在来線シミュレータ体験も

“世界最高速”を記録したSLや新幹線、超電導リニアをシンボルに、39両の実物車両がずらり。日本最大級のジオラマでは24時間が再現され、夜には夜間作業の列車も登場する。新幹線・在来線のシミュレータ(いずれも抽選・有料)や超電導リニアのしくみなど、体験しながら楽しく学べるコーナーが充実。ミュージアムショップでは多彩な鉄道グッズやお土産菓子などを取り揃えている。

住所:名古屋市港区金城ふ頭3丁目2−2
TEL:052-389-6100

名古屋市科学館

名古屋市科学館

楽しみながら科学体験! 世界最大級のプラネタリウムへ

直径35mという世界最大のプラネタリウム「Brother Earth」で、限りなく本物に近い満天の星空と学芸員の生解説に酔いしれよう。日本初、マイナス30℃の世界でオーロラ映像を堪能できる「極寒ラボ」や、竜巻や雷を再現したダイナミックな大型展示で、自然界のフシギを体感。太陽光発電や壁面緑化、制震構造やエレベーター構造の可視化を図るなど、建物自体が展示装置となっている。

住所:名古屋市中区栄2−17−1
TEL:052-201-4486

名古屋港水族館

名古屋港水族館

愛らしいイルカのショーや3万匹のマイワシが見もの

世界の海に暮らす多種多様な生き物たちの生態や進化を知ることができる水族館。一番人気は、父・母・娘の仲良しシャチ家族! 水中の窓をのぞくと大きな巨体がヌッと通り過ぎ、時には逆に観察されてしまうことも。かわいいイルカのショーや3万匹のマイワシのトルネード、カラフルなサンゴ礁大水槽にもうっとり。単独券大人2000円。4施設(水族館・ふじ・展望室・博物館)共通券大人2400円。

住所:名古屋市港区港町1−3
TEL:052-654-7080

香嵐渓

香嵐渓

渓谷を燃えるように彩る紅葉の名所、ライトアップも魅力

香積寺の和尚と地元の人々が手植えしたという約4000本のモミジが、渓谷を燃えるように彩る紅葉の名所。現在イロハカエデ・ヤマモミジ・オオモミジなど11種類の楓があるといわれており見比べてみるのも趣深い。「もみじまつり」中は紅葉のライトアップもあり、幻想的な光景に包まれる。近くの「足助屋敷」では、炭焼きや紙すき、機織りなど10種類の手仕事の実演や体験もできる。

住所:豊田市足助町飯盛
TEL: 0565-62-1272(足助観光協会)

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

愛・地球博跡地が都市公園に生まれ変わった一大テーマパーク

愛・地球博の余韻が残る広大な公園。アートと自然に触れられる一年中滑れるアイススケート場や温水プール、サイクリングコース、大観覧車などがあり、県民の健康づくりの場となっている。ジブリ映画『となりのトトロ』に登場するサツキとメイの家(予約制)では、懐かしい光景にタイムスリップ。森、水、風をテーマにした自然体感遊具もファミリーに人気だ。

住所:長久手市 茨ケ廻間乙1533-1
TEL:0561-64-1130

ひつまぶし

ひつまぶし

「1度で3回おいしい」うなぎを味わい尽くす名古屋メシ

香ばしく焼き上げたうなぎの蒲焼を細かく刻み、ごはんに載せる名古屋名物。おひつのごはんとうなぎを4等分にし、1杯目はそのまま、2杯目はのりやわさび、ネギなどの薬味を載せて、3杯目はダシをかけ、お茶漬けにするのが通な食べ方だ。関西風のパリッとした焼き加減が薬味やお茶漬けに絶妙にマッチ。締めの4杯目には、好みの方法でおいしさを満喫しよう。

味噌煮込みうどん

味噌煮込みうどん

約680年守られ続けた八丁味噌のコクと風味にファン多数!

創業1337年、江戸時代から始めた八丁味噌づくりの伝統と技を 頑なに守り続ける「まるや八丁味噌」。味噌づくりに使うのは、ごくシンプルに大豆と塩と水だけ。大桶に仕込んだ味噌の上に、職人がひとつひとつ石を積み上げ、二夏二冬じっくりと熟成する。丹念に仕込んだ八丁味噌の深いコクに鰹のダシを合わせた「みそ煮込うどん」のスープは、独特の風味が魅力。麺には愛知県産きぬあかりを使用する。

住所:岡崎市八帖町字往還通52
TEL:0564-22-0222(株式会社まるや八丁味噌※食事処はありません)

国宝犬山城

国宝犬山城

天守からの眺めは一見の価値あり! 国宝4城の1つ

1537年に建てられ、天守は現存する日本最古の様式である犬山城。彦根・姫路・松本城と並ぶ国宝4城の1つで、木曽川のほとりの山の上に建つ天守からの眺めは圧巻だ。また犬山城の東にある庭園・有楽苑には、信長の実弟が建てた国宝茶室如庵も残る。2つの国宝を巡った後は、城下町の古い町並みや、多くの観光施設があり、田楽などの伝統的な串料理から意表をつく新たな串グルメをぜひ。

住所:犬山市犬山北古券65-2
TEL:0568-61-1711

有松・鳴海絞

有松・鳴海絞

400年にわたり受け継がれる、繊細な絞り技法

江戸の宿場町の面影を残す名古屋市緑区有松で、脈々と受け継がれている「有松・鳴海絞」。江戸の旅人が競って手ぬぐいや浴衣を買い求めたことから全国へ広まった。工芸士の繊細な絞り技法によって生み出される作品は、モダンで個性的な柄もあり、現代の暮らしにマッチ。国の伝統工芸品に指定され、海外やアート分野にも進出している。毎年6月には「有松絞まつり」を開催。

住所:名古屋市緑区有松
TEL: 052-621-0111(有松・鳴海絞会館)

せともの祭り

せともの祭り

せとものが町じゅうにズラリ、全国最大規模の陶器市

毎年9月に開催。瀬戸の町じゅうに、陶器を販売する屋台がところ狭しと立ち並ぶ「せともの大廉売市」は、見応えたっぷり。茶碗や皿、湯のみやマグカップといった日常使いの器が驚きの価格で買えるとあって、全国から人が訪れる。作家の個展やご当地グルメの販売、土曜夜に行われる花火の打ち上げも見もの。瀬戸に伝えた磁祖・加藤民吉を称えたこの祭りは、85年の伝統を誇る。

住所:愛知県瀬戸市 尾張瀬戸駅周辺他
TEL:0561−82−3123(瀬戸商工会議所内・大せともの祭協賛会)

※画像提供:愛知県観光課

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE
関連するおすすめ記事