1
  • FEATURE
  • 厳選10
  • Drive Nippon vol.1

厳選10

三重県

伊賀流忍者博物館

伊賀流忍者博物館

当時の忍具を使って忍者になりきろう!

歴史ある土豪屋敷は忍びの仕掛けでいっぱい。かつて昔、火薬の製造技術が敵方のスパイに盗まれないために、典型的な忍者屋敷ではわなを仕掛けたり、からくり廊下を使って防御。忍者屋敷は農民の住まいそのもので、くの一(女忍者)が屋敷内のドンデン返し、仕掛け戸など実演を交えて説明してくれる。本物の忍具の展示のほか、有料の手裏剣打ち体験や忍術体験なども人気。

住所:伊賀市上野丸之内117
TEL:0595-23-0311

なばなの里

なばなの里

ウィンターイルミネーションでロマンチックに

ナガシマリゾートにある花と食のパーク。春の梅・桜に始まり、チューリップ、バラ、秋のコスモス、ダリアまで1年を通じて楽しめる。8000坪のスペースで魅せる、壮大な冬のイルミネーション「なばなの里イルミネーション 冬華の競演」は、国内最大規模(10月〜翌年5月までの期間で時期詳細は要問い合わせ)。チャベルや光のトンネル前は絶好のフォトスポットである。

住所:桑名市長島町駒江漆畑270
TEL:0594-41-0787

伊勢シーパラダイス

伊勢シーパラダイス

海の生き物とたわむれよう

平成28年4月1日より、二見シーパラダイスが「伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス(通称・伊勢シーパラダイス)」に名称を変更。十四羽のペンギンが見られる新施設「ペンギンの森」の一般公開もある。ゴマフアザラシにタッチしたり、コツメカワウソと握手できたり。大きな体で甘えん坊のセイウチとは、お散歩タイムに写真撮影もできる。特別イベントを随時開催。

住所:伊勢市二見町江580
TEL:0596-42-1760

おかげ横町

おかげ横町

約4000坪の敷地で古の伊勢路を楽しもう

お伊勢さんへの感謝の気持ち「おかげさま」と、江戸時代の伊勢神宮ブーム「おかげ参り」にかけている、おかげ横町。1993年、伊勢神宮内宮門前町の敷地に誕生し、江戸期から明治期にかけての伊勢路の建築物が移築・再現されている。伊勢路の味や名産品、かわいい和のアクセサリーや駄菓子などのお店が軒を連ねた、レトロな空間はまるでタイムスリップしたかのよう。

住所:伊勢市宇治中之切町
TEL:0596-23-8838

伊勢湾フェリー

伊勢湾フェリー

浜松方面からのアクセスの良さに感動!

東京・浜松方面から車での伊勢志摩観光なら、愛知県渥美半島の先端・伊良湖岬にある“伊良湖のりば”と三重県鳥羽にある“鳥羽のりば”の間を往復する『伊勢湾フェリー』を使うのが便利。伊良湖岬と鳥羽を55分で結ぶ伊勢湾フェリーは、名古屋圏を渋滞知らずでショートカットできる。車ごと移動できるのがドライバーにやさしい。

住所:鳥羽市鳥羽3-1484-111
TEL:0599-25-2880

さめのたれ

さめのたれ

伊勢地方だけで食されている神饌の一品

きめの細かいやわらかい肉質が特徴のサメの干物。厚切りに塩をふった「しおたれ」と薄切りをみりんつけた「あじたれ」の2種類がある。軽く焦げ目がつくくらいに焼くだけで、手軽でおいしい酒の肴に。おはらい町の入り口に店舗を構える魚春本店。三重県でも限られた伊勢志摩地域でしか食べられない大変貴重な干物なので、一度はご賞味あれ!

住所:伊勢市宇治中之切町49
TEL:0596-22-4885(魚春)

神島

神島

三島由紀夫の『潮騒』の聖地巡礼

鳥羽港の沖合いに浮かぶ小さな離島・神島。神島灯台は日本の灯台50選に選ばれたひとつ。船着場から雰囲気ある路地裏を通って歩くと、約30分の場所にある。三島由紀夫の純愛小説の舞台となったことから、2006年には恋人の聖地として全国30箇所のひとつとして選ばれた人気スポット。伊良湖水道を見下ろす神島灯台、奇祭で知られる八代神社など見どころは多い。

住所:鳥羽市神島
TEL:0599-25-1157(鳥羽市観光課)

伊賀くみひも

伊賀くみひも

奈良時代に仏教伝来とともに大陸から伝わった技術

明治35年、廣澤德三郎が東京から江戸組紐の技術を持ち帰り、失われかけた伊賀くみひもを再び開花させた。絹糸を主に金属糸などを組み糸に使い、高台・丸台・角台・綾竹台などの伝統的な組台で、繊細な美しさを持つ組紐を生産。伊賀くみひもは、特に高台による高級手組紐による全国生産の大半を占め昭和51年には通産大臣が定める伝統的工芸品に指定されている。

住所:伊賀市四十九町1929-10
TEL:0595-23-8038(三重県組紐協同組合)

萬古焼(ばんこやき)

萬古焼(ばんこやき)

町中で見られる国産品土鍋のほとんどは萬古焼

創始者、沼波弄山が永続を願い作品に押した「萬古不易」の印がその名の由来。すぐれた耐熱性を活かした、紫泥急須や土鍋が製品の代表格で、三重県四日市市の伝統工芸品に指定されている。土鍋の国内シェアは、7〜8割を占める。ばんこの里会館では、一日だけの陶芸体験コースから、本格的に学べる提示陶芸教室をの開催や絵付けを体験できる。

住所:四日市市陶栄町4-8
TEL:059-330-2020(ばんこの里会館)

真珠貝のオリーブ漬け

真珠貝のオリーブ漬け

アコヤ貝の貝柱を採れたての時に瞬間冷凍

本アコヤ貝の貝柱を薫製にして、オリーブオイル漬けにした商品。年に一度しか収穫できない旬限定の海の恵みである真珠貝柱。日本酒を飲みながら、伊勢志摩の海のおいしさを堪能しよう。有機栽培オリーブの実から搾られた、まろやかで芳醇な香りのサルバーニョ社のエクストラバージンオイルを使用。ひとつひとつが手作りで、注文が入ってから作る。

住所:志摩市阿児町神明682-16海遊苑
TEL:0599-44-1234(山崎屋)

※画像提供:三重県観光課

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE
関連するおすすめ記事