COLUMN

土橋克己の「地方見聞録」

まちづくりの核・熊本城の再建は復興の原動力。〝肥後もっこす〟で頑張ろう、熊本!!

 4月14日以降、熊本を中心とした一連の地震により、被害を受けた方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。
一日も早く復旧を果たされることをお祈りすると同時に、被災された皆様が平穏な日々を取り戻せるようお祈り申し上げます。

 この地震の被害は、人ばかりでなく、文化財にも及んでいます。

 とりわけ、熊本が世界に誇る歴史遺産『熊本城』の被害は深刻です。城作りの名手として知られる戦国武将・加藤清正が築城した熊本城は、17世紀の築城当時から残る国指定重要文化財の櫓が崩れ落ち、武者返しと呼ばれる曲線美を持つ石垣なども崩壊しました。修復には10年以上かかり、その費用は200億円以上ともいわれています。

 熊本市は古くから、お城を核としてまちが形成されてきました。幾多の先人の知恵と努力を積み重ねてきたものが、現在のまち並みです。その中心である熊本城は言うまでもなく、地域の象徴であり、コミュニティ形成の場でもあります。

 「人への支援が先ではないか?」との声もありますが、県民にとってのシンボルである熊本城が修復されていくことは、復興の旗印にもなると思われます。被災者の心のケアという点だけでなく、元の形を取り戻した熊本城に多くの観光客が訪れることも、現地の人々の支援になるはずです。

 私は、住民の手により熊本城を再建することが可能であると思っています。

 それは、「一口城主制度」と言われる、現代版クラウドファンディングな取り組みがあるからです。

 実は、天守閣をはじめ熊本城のほとんどが明治時代に起きた西南戦争によって焼失してしまい、震災前の姿はありませんでした。そこで熊本城復元プロジェクトを実現するための資金集めの手段として作られたのが「一口城主制度」。一口1万円で、誰でも熊本城主になれるという制度です。

 今でこそ、クラウドファンディングを通じて個人や団体の様々なプロジェクトを支援することが出来るようになり、制度自体も広まりつつありますが、熊本では長きにわたり、全国から小口資金を集めることで、まちづくりに必要な資金を持続的に集めてきました。

 長年、そこに住む人が、自らの地域を気軽に応援できて、オーナーシップを持てる「一口城主制度」は目に見えないものかもしれませんが、熊本に住まう人の地元愛を強めています。住まう人に愛されるランドマークへのこだわりと熊本の個性を感じさせる制度なのです。

 熊本のシンボルとして、次世代に大切に守り伝えていくことを使命に、まちづくりに必要な資金を集め、まちに人を呼び、さらに住む人の誇りを意識させる仕組みがある熊本は、この地震の被害に負けないでしょう。

 筆者が野球の現役時代から尊敬する元プロ野球選手の前田智徳氏も熊本出身。その前田氏もそうであるように、純粋で正義感が強く、一度決めたら梃子でも動かないほど頑固で妥協しない県民性‘肥後もっこす’が、もう一度、あの威風堂々とした熊本城の雄姿を取り戻すと信じています。


 余談ですが、平成18年に財団法人 日本城郭協会が発表した「日本100名城」には、甲府市からも2つの史跡が登録されています。
 武田信玄公の領国経営における中心地であった「武田氏館(武田神社)」と、武田氏滅亡後に甲斐を領した徳川氏や豊臣系大名が甲斐国支配の拠点とした「甲府城」です。
 ちなみに、日本100名城が2つも登録されている市町村は、滋賀県近江八幡市と愛媛県松山市だけです。

※画像提供:熊本市観光政策課
のイメージ写真

今後の土橋の見聞予定地及びイベント出展予定

5月25日 山梨学院大学 講義ゲストスピーカー(甲府市)
5月29日 甲府駅北口歴史公園まつり(甲府市)
6月2日  財務省関東財務局 甲府財務事務所 講演(甲府市)
6月4、5日 グリーンフェスタかさま2016(茨城県笠間市)
7月1日  山梨県立大学 講義(甲府市)
7月23、24日 徳島ひょうたん島水都祭2016(徳島市)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

Posted by

土橋克己/山梨県甲府市役所職員

1973年生まれ、甲府市出身。中央大学商学部(硬式野球部)卒業。甲府市役所に勤務する傍ら2008年、「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」結成。10年、ご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin厚木」で最高賞のゴールドグランプリ獲得。11年、NPO法人こうふ元気エージェンシー設立。2014年、「甲府ん!路地横丁楽会」を立ち上げ、甲府市中心街の路地―横丁文化の魅力を発信する活動に取り組む。

【土橋克己フェイスブック】
https://www.facebook.com/katsumi.dobashi
【甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊ホームページ】
http://www7b.biglobe.ne.jp/~torimotsu/
【甲府ん!路地横丁楽会フェイスブックページ】
https://www.facebook.com/kofunrojiykocho?fref=nf

Posted by

土橋克己/山梨県甲府市役所職員

1973年生まれ、甲府市出身。中央大学商学部(硬式野球部)卒業。甲府市役所に勤務する傍ら2008年、「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」結成。10年、ご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin厚木」で最高賞のゴールドグランプリ獲得。11年、NPO法人こうふ元気エージェンシー設立。2014年、「甲府ん!路地横丁楽会」を立ち上げ、甲府市中心街の路地―横丁文化の魅力を発信する活動に取り組む。

【土橋克己フェイスブック】
https://www.facebook.com/katsumi.dobashi
【甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊ホームページ】
http://www7b.biglobe.ne.jp/~torimotsu/
【甲府ん!路地横丁楽会フェイスブックページ】
https://www.facebook.com/kofunrojiykocho?fref=nf

土橋克己の「地方見聞録」

Recommend
他のオススメ記事