COLUMN

土橋克己の「地方見聞録」

住民主体のまちづくりにむけて~『企業力』『市民力』を柱に

『地方創生』・・・・・第二次安倍内閣が掲げる主要な施策、皆さんも聞いたことがあると思います。地域振興、地域活性化などを指しているといえますが、今の段階で定義ははっきりしていないようです。   今、全国各地の自治体が抱える問題の本質は、全く異なっています。従って、各地域の地勢、文化、歴史、人口規模に根差した独自の戦略への転換と、個性を活かした自立した地域づくりが求められています。   これまでのまちづくりは、行政による補助金獲得偏重の画一的なインフラ整備と民間事業者による事業性偏重の箱物づくりが中心でした。特に行政主導のまちづくりでは、住民への情報開示や住民参加の機会が極めて限られていたことから、当然、住民の問題意識・当事者意識は希薄でした。そこに住まうまちの担い手のコミュニティによる継続的なまちづくり活動が十分にできていなかったのです。   ここで問いたいのですが、皆さんは行政による中心市街地活性化やまちづくりが「出来る」と思いますか? 行政職員でもある私の答えは「出来ない」です。7年以上の市民活動における最大の気付きは、「行政サービスにおける公正・公平」の原則がまちづくりにそぐわないということでした。   というのも、地方都市は今、大規模資本に食い荒らされています。一番苦境にあるところを基準にし、そこを救うことで全体を上げていく行政の護送船団方式では共倒れしてしまうでしょう。大切なのは、地元のトップランナーを育てることです。一生懸命頑張っている人をある意味「えこひいきをする」くらい応援することで、地域全体を盛り上げるけん引力にすることが重要だと考えます。   これからの『地方創生』では、「行政力」は後部座席に回り、「企業力」や「市民力」の醸成によって地域が一体となるまちづくりの確立が望まれます。地域が一体となった地域経営の視点からまちづくりを推進し、地域の一人ひとりがまちへの誇りと愛着を持ち、当事者意識を持ってまちづくりに関わっていくことです。   幸い私には、自らが生まれ育ったまちが大好き過ぎて、大人の部活動をしている同志である1愛Bリーガーが全国各地におります。 自らが生まれ育ったまちの、それぞれの特徴を活かした自立的で持続的な社会をかたちづくるために、自らのまちに誇りを持ち、魅力あふれる地方の先進地を目指して市民活動をしております。   そろそろ気付く時です。住民が誇りに思わず、自慢できないまちに人は来ません。芸能人、プロスポーツ選手の観光大使や首長のトップセールスよりも、即効性があり、費用がかからないPR方法は、そこに住まう者が目をキラキラさせて【まち自慢する】こと。住民によるまち自慢こそ、一番大きなまちおこしの原動力となるのです。   次月に続く   ※1 愛B(アイビー)リーグ(リーガー)は、各地に眠っている地域資源のブランド化による地域活性化を目指す団体。 同様の目的を持った、全国の団体・グループが会員となり、組織されている。 現在は、身近にある「食」にスポットを当て、B-1グランプリを開催しており、会員相互の情報交換、親睦を通じ、連携することで、更なる地域活性化を目指している。 愛B(アイビー)リーグは、各地に眠っている地域資源のブランド化による地域活性化を目指す団体です。
  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE

Posted by

土橋克己/山梨県甲府市役所職員

1973年生まれ、甲府市出身。中央大学商学部(硬式野球部)卒業。甲府市役所に勤務する傍ら2008年、「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」結成。10年、ご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin厚木」で最高賞のゴールドグランプリ獲得。11年、NPO法人こうふ元気エージェンシー設立。2014年、「甲府ん!路地横丁楽会」を立ち上げ、甲府市中心街の路地―横丁文化の魅力を発信する活動に取り組む。

【土橋克己フェイスブック】
https://www.facebook.com/katsumi.dobashi
【甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊ホームページ】
http://www7b.biglobe.ne.jp/~torimotsu/
【甲府ん!路地横丁楽会フェイスブックページ】
https://www.facebook.com/kofunrojiykocho?fref=nf

Posted by

土橋克己/山梨県甲府市役所職員

1973年生まれ、甲府市出身。中央大学商学部(硬式野球部)卒業。甲府市役所に勤務する傍ら2008年、「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」結成。10年、ご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin厚木」で最高賞のゴールドグランプリ獲得。11年、NPO法人こうふ元気エージェンシー設立。2014年、「甲府ん!路地横丁楽会」を立ち上げ、甲府市中心街の路地―横丁文化の魅力を発信する活動に取り組む。

【土橋克己フェイスブック】
https://www.facebook.com/katsumi.dobashi
【甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊ホームページ】
http://www7b.biglobe.ne.jp/~torimotsu/
【甲府ん!路地横丁楽会フェイスブックページ】
https://www.facebook.com/kofunrojiykocho?fref=nf

土橋克己の「地方見聞録」

Recommend
他のオススメ記事