ARTICLE

NIPPON

11
  • ARTICLE
  • NIPPONの祭り
  • Drive Nippon vol.11

NIPPONの祭り

静岡県 「富士宮まつり」

富士山の麓、富士宮市で毎年11月3日から5日の日程で行われる「富士宮まつり」。県指定無形民俗文化財・富士宮囃子の競り合いの気迫を感じに、いざ富士宮へ!
富士山本宮浅間大社の麓で行われる「富士宮まつり」

富士山本宮浅間大社の麓で行われる「富士宮まつり」

富士山を背景に秋の大祭を楽しもう

   

「富士宮まつり」は、世界遺産富士山の構成資産である、富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)周辺で行われる秋の例大祭の付け祭。初日の3日朝には豊年感謝と引き回しの無事を祈って宮参り、夜には宵宮(よいみや)が執り行われ、中日の4日は大社前目抜き通りに多くの山車屋台が集結し、共同催事が賑やかに繰り広げられる本宮がある。三日間を通し、富士宮囃子(ふじのみやばやし)を奏でながら山車を引き廻す様子が市内各所、20の町内で見ることができる。
上:20区の山車と屋台が浅間大社前の目抜き通りに集結  下:熱気が最高潮となるまつりのハイライト“競り合い” ※写真提供すべて富士宮市役所 観光課  のイメージ写真

上:20区の山車と屋台が浅間大社前の目抜き通りに集結  下:熱気が最高潮となるまつりのハイライト“競り合い” ※写真提供すべて富士宮市役所 観光課

囃子方も見物客も緊張する“競り合い”の瞬間!

  

富士宮まつりは、江戸時代後期に浅間大社の氏子たちが、浅間大社の例大祭の「付け祭」として豊作に感謝するとともに、氏子の安全を祈願して始めたものといわれる。山車や屋台の引き回しの行事は、明治時代末に大宮町に青年組織が作られた後、祭が各町内で盛んに行われるようになった。昭和30年代後半から50年頃まで青年層の祭り離れなどで実施区は減り、祭りは一旦低迷したが、現在では復興し浅間大社を中心に20の氏子町内が山車屋台の引き回しを行う。
 富士宮まつりのハイライトは、競り合いを含めた富士宮囃子の演奏。20区の山車と屋台が浅間大社前の目抜き通りに集結し、一斉囃子を奉納。続いて富士宮音頭などを輪踊りし、競り合いの時間が始まる。山車と山車をギリギリまで接近させて囃子を競演。競り合いで演奏されるのは喧嘩囃子とも呼ばれる「やたい」という曲で、祭りは一気に盛り上がる。競り合いは、かつてはあまりの過熱ぶりから喧嘩沙汰が絶えずそのために長期の自粛がされたこともあるほど。現在は決められた時間で終了し、勝負をつけないということで復活し、富士宮まつりの最大の見せ場となっている。囃子の競演が終わると踊りで祭りが締めくくられる。

日時:11月3日(祝・火)~5日(木)

場所:静岡県富士宮市宮町 富士山本宮浅間大社および周辺地域

問い合わせ先:0544-22-1155 富士宮市観光課

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE