ARTICLE

NIPPON

10
  • ARTICLE
  • NIPPONの祭り
  • Drive Nippon vol.10

NIPPONの祭り

長崎県「長崎くんち」

「長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季に執り行われる大祭。380余年の伝統に輝く祭りを体感しに、ぜひ出かけよう!
賑町【大漁万祝恵美須船(たいりょうまいいわいえびすぶね)】

賑町【大漁万祝恵美須船(たいりょうまいいわいえびすぶね)】

日本三大くんちのひとつ。秋の大祭と言えばこれ! 

 福岡「おくんち」、佐賀「唐津くんち」と並ぶ三大くんちのひとつ「長崎くんち」は、寛永11年(1634年)、二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが始まりといわれ、旧暦9月9日に行なっていたことから、「くんち」と呼ばれるようになったといわれている。長崎を代表するこのお祭りは、毎年秋の訪れを肌で感じられる10月7・8・9日の3日間開催される。
上:諏訪町【龍踊(じゃおどり)】     下:新橋町【本踊 阿蘭陀万歳(おらんだまんざい)】 ※写真提供 (長崎伝統芸能振興会)のイメージ写真

上:諏訪町【龍踊(じゃおどり)】 下:新橋町【本踊 阿蘭陀万歳(おらんだまんざい)】 ※写真提供 (長崎伝統芸能振興会)

心弾むシャギリの音を聞きながら踊町を練り歩く

 昭和54年、「長崎くんち」の奉納踊は国の重要無形民俗文化財に指定されており、秋季大祭では、さまざまな演し物が披露される。龍踊(じゃおどり)・鯨の潮吹き・御朱印船(ごしゅいんせん)など、ポルトガルやオランダ、中国などの風合いを色濃く残した独特な踊りで、長崎独特の文化的伝統が受け継がれている。町をあげてのお祭りのため、その年に奉納踊を披露する【踊町(おどっちょう・おどりちょう)】や神事に奉仕するほか、神輿行列の従列人のお世話などをする【年番町(ねんばんちょう)】など町ごとに役割が決まっている。当番は7年一巡、町ごとに踊りも違うので、長崎くんちのすべてを観るには7年踊場に通いつめなければならないともいわれる。
 踊町をわたるときに使われる笛と〆太鼓を用いたシャギリは、どこか哀調漂う独特の旋律。長崎人はこのシャギリの音を聞くと、心ウキウキ気はそぞろとなり、仕事も手につかなくなるほど心奪われるお祭りである。奉納踊は、有料の本場所(諏訪神社・お旅所・八坂神社・公会堂前広場)の他、各踊町が市内の事業所や官公庁、民家などに踊りを呈上して福を分け、お祝いをする「庭先周り」なら無料で観ることができる。

日時:10月7日(水)~9日(金)
場所:長崎県長崎市(諏訪神社、長崎市公会堂前広場、お旅所、八坂神社など)
問い合わせ先:095-822-0111 長崎伝統芸能振興会

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE