ARTICLE

NIPPON

NIPPONの祭り

埼玉県「秩父夜祭」

京都祇園祭、飛騨高山祭とならぶ「日本三大曳山祭」(日本三大美祭り)のひとつに数えられる「秩父夜祭」。忙しくなるこの時期だからこそ、景気づけに師走の祭りへGO!
昨年の秩父神社の御鎮座2100年の記念例大祭を祝して

昨年の秩父神社の御鎮座2100年の記念例大祭を祝して

300有余年続く、歴史ある冬の祭り

 1661~72年江戸時代の寛文年間にはすで存在していたという記録が残る「秩父夜祭」は300年余りもの歴史がある。江戸時代には祭りとともに秩父絹の市があり、秩父の経済を潤したため、お蚕(かいこ)祭りとも呼ばれた。現在は秩父に住む人々の1年の総決算となる祭りとなっており、秩父神社の例大祭として毎年12月1日から6日に開催される。12月2日に宵宮、3日には大祭があり、提灯で飾りつけられた山車(笠鉾・屋台)の曳きまわしや、華やかな冬の花火大会があることでも知られる。
写真上:秩父神社のご祭神、妙見様(女神)と武甲山に鎮まる龍神様(男神様)との年に一度の逢瀬の祭りとして語られる秩父夜祭。その武甲山に見守られて 写真下:夜祭の華 ※写真提供(秩父観光協会 秩父支部)のイメージ写真

写真上:秩父神社のご祭神、妙見様(女神)と武甲山に鎮まる龍神様(男神様)との年に一度の逢瀬の祭りとして語られる秩父夜祭。その武甲山に見守られて 写真下:夜祭の華 ※写真提供(秩父観光協会 秩父支部)

冬の花火を愛で気持ちよく一年を締めくくる

 「夜祭(よまつり)」「妙見(みょうけん)さま」という呼称でも親しまれてきた「秩父夜祭」は毎年約30万人が訪れる。12月2日の宵宮祭りは本番を盛りあげる前夜祭。朝から山車の曳きまわしが行われ、宵宮としての屋台牽引、山車4基が市内を曳行する。勇壮な屋台囃子を打ち鳴らし、街中を曳き回されるのが、国重要有形民俗文化財の笠鉾2基と屋台4基の山車だ。大祭の3日の午後6時半頃、秩父神社から1kmほど離れた御旅所に向けて御神幸行列が出発し、中近・下郷・宮地・上町・中町・本町の6台の笠鉾・屋台がそれに続く。ご神幸行列や各町会の山車が秩父神社を出発する午後7時過ぎから、御旅所下の団子坂を笠鉾・屋台が曳きあげ、お旅所に到着する午後10時頃に祭りは最高潮を迎える。屋台両袖に舞台を特設しての地芝居(秩父歌舞伎)や地元の花柳一門と杵屋一門による曳き踊りは、秩父神社神楽とともに「秩父祭りの屋台行事と神楽」として国指定重要無形民俗文化財である。
 秩父夜祭のもうひとつの最大の見どころといえば、冬の夜空を染める豪華絢爛な花火。寒い夜空にあがる花火と曳きまわされるぼんぼりの灯りが揺れる笠 鉾・屋台の極彩色のコラボレーションは、夜祭最大の醍醐味だ。一見の価値、大いにあり!

日時:12月1日(火)~6日(日)
※ 2日(宵宮)10:00~20:00、3日(大祭)9:00~22:00
※花火は2日19:00~20:00頃、3日19:30~22:00(羊山公園)
場所:埼玉県秩父市番場町1-1(秩父神社)および秩父市内
問い合わせ先:0494-21-2277 秩父観光協会 秩父支部

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE