ARTICLE

NIPPON

13
  • ARTICLE
  • NIPPONの祭り
  • Drive Nippon vol.13

NIPPONの祭り

岐阜県「三寺まいり」

毎年1月15日の夜、親鸞聖人のご恩を偲び、町内の3つの寺を詣でる慣わしが「三寺まいり」。和服を着た娘たちが恋愛成就を祈りながらお参りをする飛騨古川の風物詩を体感しに行こう。
女性たちが願いを込めろうそくを灯す

女性たちが願いを込めろうそくを灯す

300年以上前から続く独特の伝統風習

 はじまりは浄土真宗の宗祖・親鸞聖人のご遺徳を偲び、町内にある3つのお寺に人々が詣でたこと。それが明治・大正時代、飛騨から野麦峠を越えて信州へ糸引きの出稼ぎに行っていた年頃の娘達が年末に帰省し、めいっぱい着飾って友達を誘い合い瀬戸川の川べりを歩いて巡拝。若い男女は嫁や婿探しもしていたため、「嫁を見立ての三寺まいり」「髪を結わせて礼参り」などと飛騨古川の小唄にも唄われ、縁結びが叶うお参りとして全国に知られるようになった。いまも恋の御利益を望み、たくさんの若者が訪れる。
写真上:2メートルもある雪像のろうそく 写真下:瀬戸川面での灯籠流し風景 ※写真提供:飛騨市のイメージ写真

写真上:2メートルもある雪像のろうそく 写真下:瀬戸川面での灯籠流し風景 ※写真提供:飛騨市

無数の灯りに彩られる幻想的な風景

 飛騨市古川町内にある「円光寺」「真宗寺」「本光寺」には、毎年1月15日に飛騨の老舗、江戸時代から続く「三嶋和ろうそく店」の店主が心血注いで作る大きな和ろうそくが灯る。本堂では経を唱え、法話を聞きながら親鸞上人の御遺徳を偲んだため、長時間燃える大ろうそくを奉納したと伝えられている。
 町内には2メートルにも及ぶ巨大な雪像ろうそくが立ち並ぶほか、縁結びの願いを込めて人々が灯す「千本ろうそく」が並び幻想的な風景が広がる。この瀬戸川沿いに無数の明かりを灯す千本ろうそくをよく見ると、白いろうそくと赤いろうそくがあることに気づく。その理由は、恋愛成就の願いを込めてお参りする時には“白いろうそく”を灯し、もしもその願いが叶ったら翌年には“赤いろうそく”を灯すという慣わしがあるため。つまり、赤いろうそくの数だけ幸せが生まれたと感じることができる素敵な風習である。また、瀬戸川面では灯籠流しが行われる。厳しい飛騨の冬が1日だけパッと華やぐ日でもある。
 無事にお参りをすませたら、この日だけまつり広場で開催される門前市へも足を伸ばしたい。飛騨牛専門店の牛もつ煮込みや飛騨牛串焼き、イワナの塩焼き、五平餅など、飛騨の和グルメを堪能できる。また、この日にしか作られない人気の「酒蒸しまんじゅう」も味わえる。

日時: 2016年1月15日(金)※毎年1月15日
場所:岐阜県飛騨市古川町市街地
問い合わせ先:0577-74-1192(飛騨市観光協会)
※ 着物レンタルもあり、着物でお参りができる。料金は着付けサービス込みで3,000円。(予約制・詳しくは飛騨市観光協会へ)

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • googlePlus SHARE