すみだ水族館、日本最大級の長径7m水盤型クラゲ水槽を設置。2つの新エリアを7/16に公開決定

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

オリックス不動産株式会社は、運営するすみだ水族館において進行中の大規模リニューアル後のオープン日を、2020年7月16日 (木) に決定しました。

本リニューアルでは、新しい「クラゲエリア」に水盤型の新体感水槽「ビッグシャーレ」を設置するほか、飼育作業を公開する「アクアベース」が誕生します。

新体感水槽「ビッグシャーレ」は、日本最大級※1となる長径7メートルの水盤型クラゲ水槽です。すみだ水族館で生まれた約500匹のミズクラゲを、水槽の上から観察することで「海月 (クラゲ) 」の漢字の由来でもある“海中に浮かぶ月”のようなクラゲの姿を間近に見ることができます。上部が解放された水槽は、色鮮やかな照明の演出により幻想的な空間となり、スロープを上ったガラス床のデッキでは、クラゲが集まる海の水面に立っているかのような没入感を味わうことができます。

また、飼育作業を公開するエリア「アクアベース」は、いきもののゴハンの準備を行う「キッチン」と、クラゲの飼育設備や繁殖活動を間近に観察できる「ラボ」で構成されます。飼育スタッフとのコミュニケーションを通じて、いきものへの理解をより深めることができるエリアです。

すみだ水族館では、クラゲの繁殖・研究を行うほか、アーティストとのコラボレーションやデジタル演出を取り入れた展示、飼育体験など、さまざまな手法でクラゲの魅力を発信してきました。これからも、新しい展示の手法を追求し、よりいきものに親しんでいただける機会を提供する予定。

※1 長径7メートルにおよぶ水盤型水槽によるクラゲ展示は日本最大級。 オリックス不動産株式会社調べ。

■展示予定種一覧
アカクラゲ/パシフィックシーネットル/オワンクラゲ/ギヤマンクラゲ/アマクサクラゲ/エボシクラゲ/
タコクラゲ/カラージェリーフィッシュ/ビゼンクラゲ/キャノンボールジェリー/サルシアクラゲ/
ブラックシーネットル/イオリクラゲ/ミズクラゲ
※展示種は変更になる可能性があります。

すみだ水族館ウェブサイト:
https://www.sumida-aquarium.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語