全国へ信州の恵みを!山菜と信州の特選素材を味わう「夏至の山菜グルメおせち」30セット限定発売

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

長野県で、天然の山菜ときのこが楽しめる郷土料理店やま茶屋などを運営する株式会社やまは、このたび「夏至の山菜グルメおせち」を制作。2020年6月16日 (火) より30セット限定でお申込受付を開始します。
現状のコロナ禍で売上が前年の8割減になり、山菜を採っても食べていただけるお客様がいない中、全国に向けて山菜と信州の特選素材を組み合わせたおせちを新たに作り販売します。

■地元高級グルメ素材と山菜のコラボおせち
雪深い北信濃の山々は山菜の宝庫です。その種類は100種類以上!世間に知られていない個性豊かな優れものの山菜がたくさんあります。
また信州には信州産牛、信州黄金シャモ、信州オレイン豚、信州サーモン、佐久鯉・鮎など信州特産のグルメ素材もたくさん。これらの素材を使って、店主と料理長が30年以上にわたり二人三脚で料理開発をしてきました。今回のおせちは、そんな山の幸と郷土の幸満載のグルメおせちです。

■夏至に「山菜おせち」を食べる意味
平安時代の貴族は、摘み草をして野草を体内に取り入れることで1年の健康を祈願しました。夏至 (6月21日) は二十四節気の一つ。お正月から半年が過ぎたところで、それまでの無病息災に感謝し、この時期山々にあふれる自然の恵みを体内に取り入れ、残り半年を健康に過ごす。そんな思いを込めて「山菜おせち」を作ります。

■山菜おせち (三段重) の内容
・一の重 山菜の個性の違いを楽しむ
9種類以上の山菜を個性に合った味付けをし、その違いをお楽しみください。
・二の重 山菜とお魚(信州産中心)のコラボレーション
佐久鯉の唐揚げ/木の芽田楽/うなぎと山菜の巻き卵焼き/信州サーモン/焼鮎の笹巻き寿し/稚鮎の有馬煮/ワサビ菜包み/芝えびと山菜のさつま揚げ/にしんと山菜の煮物/信州黄金シャモの青柚子胡椒焼
・三の重 山菜とお肉(信州産中心)のコラボレーション
信州牛のネマガリタケ巻焼/信州産鹿肉の淡竹詰め/ヤマウドの甘酢漬け合鴨巻/自家製生ハム(飯綱高原で2年熟成)
/信州オレイン豚のロースト・クルマバソウの香り スイバジャム添え/かんずり味噌入りつくねのヤマブドウ葉包み揚げ/フォアグラと山菜の西京焼

【概要】
申込日:2020年6月16日 (火) ※30セット限定
価格:30,000円 (消費税別) 送料込み
お届け日:2020年6月21日 (日)
お申込方法:電話及び、やま厨房ホームページから
ホームページ:
https://nagano-shidashi.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語