六甲山上施設が続々オープン!春を迎えた青空の下、のびのびと遊ぼう

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

六甲山観光株式会社が運営する六甲山上施設では、広大な自然や絶景など春の六甲山を満喫する山上施設が続々とオープンします。六甲高山植物園が3月20日 (土) にシーズンオープンし、山上では花々が徐々に芽吹き始め、見頃を迎えます。また、ミズバショウやカタクリを始めとする花々が咲き、春の目玉である「ヘレボルス・チベタヌス」なども楽しめます。

六甲山フィールド・アスレチックでは豊かな自然を活かし、木々の緑のなかで子供から大人まで本格的なアスレチックが体験できます。その他、日本でも有数の眺望スポットである六甲ガーデンテラスでは、ペンキを使ってサバンナの動物や豊かな自然を色鮮やかにダイナミックに描くアフリカン現代アート「ティンガティンガ・アート」のアフリカンマーケットを開催。

【六甲山上でシーズンオープンする施設】
◆「六甲山フィールド・アスレチック」
国立公園・六甲山の地形を生かした山あり谷ありの緑に囲まれた約30,000m2のエリアに、丸太で作られた木製遊具が40ポイント点在する全長約1kmにおよぶ本格的なアスレチックです。
営業期間:
3月14日(土) ~11月23日(月・祝)
※雨天等コンディション不良の場合は、営業を中止する場合あり
営業時間:
10:00~17:00 (15:30受付終了)
入場料金:
中学生以上 1,000円 / 4歳~小学生 550円
住所:神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98

◆「六甲高山植物園」
暖かな日差しを受け、日に日に花々が芽吹き始めている六甲高山植物園は3月20日(金・祝)から今シーズンの営業をスタートします。見頃を迎える「ヘレボルス・チベタヌス」をはじめとする「クリスマスローズ展」を実施。
開催期間:
3月20日(金・祝)~4月5日(日)
※休園日あり。詳細はHPをご確認ください。
営業時間:
10:00~17:00(16:30受付終了)
入園料金:
大人(中学生以上) 700円
小人(4歳~小学生) 350円
住所:神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150

◆六甲ガーデンテラス営業情報
異国情緒溢れるエリア内には4つの飲食店と5つのショップがあります。 春の風景とともに季節のお食事やお買い物が楽しめます。また六甲ガーデンテラス内 ショップ「ホルティ」では3月21日(土)、22日(日)にサバンナの動物や豊かな自然を、ペンキを使ってダイナミックに描く「ティンガティンガ・アート」のアフリカンマーケットを開催。
営業時間:
9:30~21:00
※店舗・天候により異なる

<アフリカンマーケット>
21日(土) 13:00~20:00、22日(日) 10:00~16:00まで
入場料:無料
住所:神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

<自然体感展望台 六甲枝垂れ>
眺望を活かした展望台からは春の陽の暖かさをゆっくりと感じ、風穴からは美しい新緑を眺めることができます。
人気のライティングイベント「六甲山光のアートLightscape in Rokko」では3月20日(金・祝)~5月31日(日)まで春バージョンが楽しめます。
営業時間:
10:00~21:00 (最終受付20:30)
※ライトアップは18:00~21:00 (20:30受付終了)
※天候により時間変更の場合があります
入場料:
大人(中学生以上) 310円
小人(4歳~小学生) 210円

■各施設の詳細情報はウェブサイトから
https://www.rokkosan.com/

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語