現代を生きる女性の心を癒す、三年に一度の“橋渡りの儀式”。参加券・観覧券が「ふるさと納税返礼品」に登場

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

日本三霊山の1つ「立山」の麓にある立山信仰の里、 芦峅寺(あしくらじ)地内で、 三年に一度開催される、極楽往生を願う女性の救済のために営まれた“橋渡りの儀式”『布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)』の参加券及び観覧・体験券を、今回初めて富山県立山町の「ふるさと納税返礼品」として取り扱うことが決定しました。

■ 『布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)』とは
かつて立山は「あの世」と考えられており、登拝することで極楽往生が叶うとされていましたが、女人禁制の山でもありました。「布橋灌頂会」は、極楽往生を求めた女性たちを救済する為に行われていた儀式です。女性たちは白装束に身を包み、目隠しをして、この世とあの世の境とされる朱塗りの橋「布橋」を渡り擬死再生体験をすることで、極楽往生を願います。
1996年に約130年ぶりに復活したのち、立山信仰や芦峅寺地域のことを多くの人に知ってもらいたいという地域住民の熱意もあり、現在では三年に一度、現代を生きる女性の心を癒す橋渡りの儀式として開催されています。
また、その地域文化振興への功績が認められ、2014年には「第36回サントリー地域文化賞」を受賞しました。

【今年の開催予定】
開催日:2020年9月20日(日)10:00~(※予定)
場所:富山県立山町芦峅寺地内
※富山地方鉄道「千垣駅」及び近隣駐車場から会場までシャトルバスが運行されます。

<富山県立山町の「ふるさと納税返礼品」>
■布橋灌頂会 参加券 先着20名※女性限定
橋渡りの儀式に参加できます。(参加募集人数110名のうち20名分)
1口当たり寄附額 70,000円

■布橋灌頂会 観覧・体験券 先着20名
儀式を指定席で見ることができます。儀式後に橋渡りを体験できます。
1口当たり寄附額 10,000円

申込み方法:
お申込みは次の「ふるさとチョイス」のウェブサイトにて3月1日より開始。

<「ふるさとチョイス」ウェブサイト>
https://www.furusato-tax.jp/city/product/16323

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語