徳島の「藍」と「木工」プロモーション動画が完成

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

島市の地域資源である「藍」と「木工」のプロモーション動画が2020年1月14日(火)から公開されています。

藍とは、染料や薬草として日本の暮らしに深く根付く植物。
徳島は藍染めの原料となる阿波藍と呼ばれる「すくも」の生産地として江戸時代から明治にかけて繁栄しました。
現在では様々な素材に染める技術が確立し、藍製品の種類は豊富になりました。藍師、染師の職人の技。模様や色彩が織りなす阿波藍の魅力。阿波藍の歴史や文化などが文化庁「日本遺産」に認定されるなど、注目を集めています。

木工とは、木材に加工を施す制作技能。あるいは、その職人を指します。
徳島は奈良時代より林業が発展しました。江戸時代には木造船、明治時代には阿波鏡台、昭和後期には唐木仏壇の一大生産地となります。
加工技術の高さと優雅なデザイン性。
現在でも伝統と技術は受け継がれています。木の可能性に挑戦し続けることで、ライフスタイルを彩る木製品が生まれています。日本の美とも言える繊細な加工が心を踊らせます。

【動画の視聴】
徳島市ホームページから:
http://www.city.tokushima.tokushima.jp/shisei/keizai/jigyosha/tyusyokigyo/ai_puromoshion/ai-mokkou_douga.html

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語