夜のまち歩き観光を盛り上げる地元ホテルとの連携企画「小豆島・迷路のまちで夜の提灯さんぽ」

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

香川県・小豆島の「迷路のまち」(土庄本町)で、アート事業や地域事業をおこなうアートプロジェクトMeiPAM(小豆島ヘルシーランド株式会社)は、2022年8月5日(金)から、小豆島国際ホテルロビーに無料のレンタル提灯を設置して、夜のまち歩きを楽しめる連携企画を実施します。
迷路のまちは三叉路が60か所以上あるといわれており、ディープでミステリアスな雰囲気が漂う路地が特徴です。このまちを提灯の明かりをたよりに歩くことで昼間とは全く違った非日常の世界が広がり、その先にはネオン怪しい「妖怪美術館」や「妖怪bar」をはじめとした、小豆島の夜を楽しめるスポットにたどり着くことができます。

【開催概要】
イベント名称:「小豆島・迷路のまちで夜の提灯さんぽ」
設置期間:2022年8月5日(金)から11月6日(日)
設置場所:小豆島国際ホテル 1Fロビー
企画:アートプロジェクトMeiPAM、小豆島ナイトツーリズム協会

■小豆島のナイトタイム観光を盛り上げるために
瀬戸内国際芸術祭で盛り上がりをみせる瀬戸内・小豆島において、現代アートや海のアクティビティ、オリーブ農園などの「昼の観光」だけでなく、夜の楽しみを提供していくことで、宿泊者の増加や消費額の拡大が急務となっています。さらに、アフターコロナにおける反転攻勢を見据え、2020年に妖怪美術館が中心となって設立した小豆島ナイトツーリズム協会の取り組みとして、小豆島各地のナイトタイム観光の企画立案や運用体制についての助言、夜の魅力発信なども行っており、今回の企画は小豆島で唯一まち歩きが楽しめる迷路のまちの魅力を活用した施策となります。

■提灯の無料レンタル
小豆島国際ホテル宿泊者限定のサービスとして、無料で提灯のレンタルを2022年8月5日(金)より開始。ホテル1階のロビーに設置された特設ブースに置かれた色とりどりの提灯を自由に選び、夜のまちに繰り出すことができます。

■妖怪美術館の入館チケットを割引価格で販売
小豆島国際ホテルでは、提灯レンタルに合わせて、妖怪美術館の入館チケットを割引価格(通常大人2,900円、中高生1,450円のところ、大人は400円引きの2,500円、中高生は200円引きの1,250円)で販売します。あらかじめ購入しておくことでスムーズに入館が可能になります。

■オリジナルグッズがもらえる
提灯を持参して妖怪美術館に入館すると、オリジナルステッカーやポストカード、バッジなどの妖怪美術館オリジナルグッズがもらえます(特典の内容は日によって変わります)。

■妖怪ナイトミュージアムツアーも開催
夜型観光の振興を目的に夜10時まで営業時間を拡大した妖怪美術館は、ミュージアムショップに妖怪barを新設。さらにこの夏は、「瀬戸内国際芸術祭2022県内周遊事業」として、夜もアート鑑賞を楽しんでいただけるよう館長(妖怪画家)である柳生忠平氏がご案内する「妖怪ナイトミュージアムツアー」を8月11日より実施します。実施日の夜8時までに受付を済ませれば、入館料のみで参加可能。ツアー後は館長の妖怪談義をツマミに妖怪barでオリジナルの妖怪カクテルなども楽しめます。

■妖怪美術館とは
香川県・小豆島の迷路のまちで800体をこえる妖怪造形作品を展示する美術館。まちの中に点在する4つの古民家をスマホガイドアプリを使いながらめぐる。妖怪の起源から現代の妖怪まで「妖怪造形大賞」に応募された800体を超える作品を展示・保管しています。「妖怪を世界へ」私たちは「妖怪(=Yokai)を「もったいない」と同じような世界語にしたいと考えています。館長は小豆島生まれの妖怪画家・柳生忠平氏が勤める。
住所:香川県小豆郡土庄町甲398
TEL:0879-62-0221

【イベント詳細(妖怪美術館note)】
https://yokai-museum.note.jp/n/ne48bcb18b4d5

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語