観音下石切り場や田園風景が楽しめるオーベルジュ「Auberge“eaufeu”」、石川県小松市に誕生

※ 掲載記事に関して
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、紹介する施設によっては営業時間の変更や休業、イベントの延期・中止が生じる場合があります。また、情報は記事掲載時点のものです。お出かけの際は、事前にHPなどで詳細をご確認ください。

石川県小松市観音下町(かながそまち)のかつて小学校だった建物をリノベーションした「Auberge“eaufeu”(オーベルジュ オーフ)」が2022年7月14日にオープンしました。シェフを務めるのは、日本最大級の料理人コンペティション「RED U-35」で史上最年少でグランプリを受賞した糸井章太氏。館内には、現代芸術家・小川貴一郎氏の作品が飾られ、自然と人が共生する里山で食とアートを堪能することができます。

「Auberge“eaufeu”(オーベルジュ オーフ)」では、客室の他、カフェとレストラン、レンタルスペースを2つ備えます。 全12室の客室は、教室や図書室、音楽室として使われていた場所をコンバージョンしており、客室やバスルームの窓からは、 校庭や観音下石切り場、 田園風景などを眺めることができます。宿泊者以外も利用できるカフェでは、糸井シェフ監修の軽食がイートイン・テイクアウト可能となっている他、ドリンクには、隣接する酒蔵、農口尚彦研究所が仕込み水に使う霊峰白山の伏流水が使われます。また屋上はルーフトップテラスとして活用しており、テイクアウトしたカフェのメニューを楽しみながら美しい里山の景色を眺めることもできます。

【Auberge“eaufeu”(オーベルジュ オーフ)概要】
住所:石川県小松市観音下町口48 
客室数:12室
宿泊料金:2名1室利用1名26,400円~(税込・サ別)
レストラン:土・日・祝 12:00~15:00(13:00 L.O.ランチ)
木~月・祝日 17:30~22:00(20:00 L.O.ディナー)
カフェ:11:00~17:00 
定休日:火・水(祝日の場合は営業)
URL:https://eaufeu.jp/

■観音下町について
小松市観音下(かながそ)町には、大正初期から掘削が行なわれる日華石(浮石質凝灰岩)の石切り場がある地として知られています。観音下石切り場は、高さ50m以上という採石場の石壁が見所です。国会議事堂や甲子園ホテル、旧前田侯爵邸など、全国の近代建築に活用される石材です。その他町内には、「酒造りの神様」の異名をもつ日本最高峰の醸造家、杜氏 農口尚彦さんの酒蔵や観音山の山頂広場からは小松市街やさらには日本海も眺めることができたりなど、見所満載です。
住所:石川県小松市観音下町
アクセス:国道416号線/国道8号線 東山インターから尾小屋方面へ(国道416号線)約8Km

  • twitter SHARE
  • facebook SHARE
  • Line SHARE

新着記事

おすすめ記事

おすすめコラム

公式SNSアカウント

Drive! NIPPON公式SNSにて情報配信中!

» language / 言語